口臭をチェックできるアプリがある!?口臭チェッカーってどんなもの?

口臭は自分では気づきにくいので、できれば毎日定期的なチェックができると便利です。

そんなときに役立つのが、口臭チェックができるアプリやチェッカーです。

毎日のセルフチェックが簡単にでき、数値化や視覚化されれば、口臭コントロールもしやすくなるでしょう。

口臭チェックができる各ツールについて見ていきましょう。

口臭チェックアプリ、口臭チェッカーの使い方って?

口臭は多くの男女が気にしているものであり、人と人がかかわるからには絶対に避けることができないものです。

毎日歯磨きをしていても、その日の体調によってはプンプン臭うことがあるので、何とか対処したいものです。

近年では口臭チェックができるアプリも登場しており、どこまで使えるのか、役立つのかどうかも話題になっています。

口臭チェックアプリって使えるの?

口臭チェックができるアプリは、さまざまな種類があり、AndroidにもiPhoneにも対応したものがいくつもあります。

ですが口臭チェックアプリのほとんどは、ジョークとしてのニュアンスが強いもので、口臭チェックができるアプリは少ないです。

これは、スマホやタブレット自体に、測定器としての機能がないことを考えれば当然のことで、もし本当に口臭チェックをするなら、測定する機能を持った外部機器が必要となります。

外部機器として測定器を連動させて使用するタイプのアプリなら、代表的なところではMintがあります。

小型の口臭測定器を連動させて使うものですが、わざわざ小型測定器を連動させなくても良いのではないか、という疑問もが残ることも否めません。

使えるか、使えないかで言えば、ほかの日本製の口臭チェッカーでも良いかもしれない、というのが正直なところです。

口臭チェッカーの使い方とは?効果はあるの?

口臭チェッカーは、そのほとんどが市販されている家電で、口臭の原因になる化学物質に反応するセンサーが組み込まれており、チェック結果を数値や色、その他のアイコンなどを使って教えてくれるものです。

口臭チェッカーの使い方は、メーカーによって異なるものの代表的なところでは、本体に直接息を吹きかけるものが主流です。

  1. 口臭チェッカー本体に電源を入れ、センサーがある部分のフタやキャップを外す。
  2. スタンバイが整ったら、直接息を吹きかけ、チェッカーが反応を示したら測定結果を待つ。
  3. 測定結果が画面やランプなどに表示されると計測終了。
  4. センサー付近を清潔にして、フタやキャップを閉じて終了。

メーカーにより測定結果も異なるものの、平均的に3~5段階程度に測定結果がわかれており、数値が高くなるほど口臭がきつい判断になります。

こうして測定した口臭結果は、どれくらいの精度や効果があるのでしょうか。

実際に使用した方の中には、朝1番など毎日同じタイミングで計測しても、毎回異なる結果になることや、臭いが強い寝起きでも全く反応しなかった場合もあったようです。

ここで考え直したいのは、口臭チェッカーは臭いの種類ではなく、臭いの強さを測定するもののため、タイミングによっては測定結果が大きく異なることがあるものです。

できるだけ測定する環境を一定の条件を保つことや、自分でも実際にコップなどを使って口臭チェックをするなどのサポートも必要なのです。

口臭チェッカーは、家庭用のセルフチェックだと心得ておき、ある程度の目安を知るためのもとして使うことがおすすめです。

口臭チェッカーはタニタがおすすめ

口臭チェッカーはいくつものメーカーが、口臭チェッカー、ブレスチェッカーという名称で販売しているものです。

多くのメーカーが注目するジャンルで、なおかつどこまでの需要があるのか未知数であるために、大きく話題になるメーカーはこれから登場するようです。

その中でもタニタは複数商品を出しており、注目されているメーカーです。

タニタでおすすめな口臭チェッカーを紹介

健康に関する製品を多く開発・販売しているタニタでは、口臭やアルコールをチェックできるエチケットチェッカーを生産しています。

その中でも口臭をチェックできるブレスチェッカーと、においチェッカーについて紹介します。

ブレスチェッカー EB-100 ブレスチェッカー EB-100
ブレスチェッカーEB-100は、終始無音で口臭計測ができるタイプの口臭チェッカーで、計測結果も比較的シビアにチェックしてくれます。

スティック状の本体を上下にスライドさせることで、センサーがちょうど中心部分に出現し、センサー部分に向かって息を吹き込むタイプです。

口臭測定結果は6段階で測定し3つのライトで表示され、1番臭いが強い場合はライトが3つ点灯し、納豆を食べたときと同じくらいの臭いで反応すると言われています。

また、測定開始は本体のバイブでお知らせしてくれるので、息を吹きかけるタイミングもしっかり把握できます。

本体価格:6,480円(タニタ公式サイトより)
カラー:グレー・アイボリー

においチェッカー ES-100 においチェッカー ES-100

においチェッカーES-100は、2018年7月1日に発売のタニタの最新商品で、体臭や加齢臭、強い香水の香りまで、体の臭いをセルフチェックできるチェッカーです。

センサーの構造上、口臭チェックはできませんが、体から発する臭いを感知できるので、知らない間のスメハラ予防にも役立ちます。

においチェッカーES-100は、レベル0~レベル10までの11段階で臭いを測定できることが大きな特長で、ポケットに入るコンパクトサイズのため持ち歩きにも便利です。

11段階の臭いレベルのうち、レベル5以上は臭いケアが必要なレベルとされており、それ以下の臭いレベルなら気にしなくても良い程度だと判断できます。

ブレスチェッカーと合わせて使えば、臭い対策にとても役立つ商品です。

本体価格:13,824円
カラー:ブラックのみ

口臭チェッカーはタニタがおすすめな理由
口臭チェッカーはいくつものメーカーで製造されており、どの商品が良いのか迷うことも多いものです。

口臭が気になるときは、できるだけ精度の高い口臭チェッカーが欲しいと思うものですが、タニタは、数ある口臭チェッカーの中でも100%ではないにしても精度が高いと評判のメーカーです。

すでに生産終了になった口臭チェッカーもいくつかありますが、口臭の強さを測るにはタニタが1番シビアで、価格帯も購入しやすいと言われています。

大手通販サイトで販売していることもあるので、チェックしてみると良いでしょう。

口臭セルフチェックは早期開始がポイント

口臭は誰もが多少なりとも臭うもので、中には口臭に悩む人も少なくありません。

この口臭を毎日セルフチェックできれば、周囲に知らない間に不快な思いをさせることも減り、口臭を意識した生活ができるようになります。

口臭はセルフチェックをしたからといって、無臭になることはありませんが、何もしないで不安を感じていたときに比べて、自分の口臭の強さの目安を知ることができるようになります。

その分不安も小さくなり、アクティブに口臭対策に取り組めるのではないでしょうか。

もしも自分の口臭が気になり、不安な日々を過ごしているなら、口臭チェッカーを使ってみると良いでしょう。

口臭が原因で不安を感じるならできるだけ早く、口臭のセルフチェックを開始して、口臭コントロールに取り組んでください。

臭いかな?と気付いたときにすぐ取り組む方が、口腔内の健康にも、口臭の減少にも良い効果を発揮します。

毎朝の習慣に、口臭のセルフチェックを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

マスクとティッシュ

マスクやティッシュを使って口臭をチェックする方法

歯医者

口臭チェック!歯医者で口臭について相談する

タニタの口臭チェッカーの信頼性は?使い方と評判