マスクやティッシュを使って口臭をチェックする方法

マスクとティッシュ

近年は臭いが気になることが増え、口臭もエチケットの1つとして認識されています。

誰でも多少は口臭がするものですが、自分で自分の臭いはわかりにくいので、ティッシュやコップを使ってセルフチェックする人も増えています。

自分の口臭をチェックするには、どのような口臭チェック法があるのか、詳しく見ていきましょう。

マスクやティッシュ、コップを使って口臭をセルフチェックしてみよう

自分の口臭は自分では気づきにくいと言われ、周囲の人から臭うと指摘されることで気づくことがほとんどだそうです。

自分で自分の口臭に気付くということは、胃腸の調子が悪いときなどを含め、よほど臭いがきついケースが多いものです。

他人に指摘される前に、日ごろからやっておきたい自分でできる口臭チェック法を調べてみました。

コップを使って口臭チェック!やってたよかったと思えるセルフチェック法

自分の口臭をチェックするときは、コップを使った方法がおすすめで、フレッシュな自分の息の臭いを確認することができます。

やり方は簡単で、適当なコップを口にあてて、自分の息をひと息吐きだし、コップの中に息を充満させる流れです。
コップの中に充満した息を、すぐに自分で嗅いでみてください。

この臭いが自分の口臭であり、臭い場合は何らかの対応を取ることが必要でしょう。

コップを使った口臭チェック法は、自宅にいるときも、職場にいるときも、コップさえあればいつでもできる方法です。

職場なら飲料水用の紙コップでも良いでしょうし、定期的にチェックすることにも向いています。

もしも口臭チェックの結果が臭くて仕方ないときは、周囲の人にも口臭が気づかれている可能性があります。

口臭は普段は自分では気づきにくく、自分で気づくくらい臭いときは、かなり強い口臭を放っていると言われています。

あまり神経質になることはありませんが、コップでセルフチェックをしてみて、臭くて耐えられないと感じるときは、ブレスケア用品を応急処置として使用すると良いでしょう。

ガムなどの臭いで誤魔化すのではなく、口臭を抑える効果や改善する効果があるものの方が確実です。

自宅にいるなら歯磨きを始め、口臭ケア用品を試すこともおすすめです。

マスクは自分の口臭を感じやすい?セルフチェック法その2

マスクは近年、季節を問わずにさまざまな理由で着けることが増え、同時に口臭チェックにも活用できると話題になっています。

口臭チェックに使うときのやり方は簡単で、マスクを着けてしばらく過ごすだけで良く、自分の息が直接マスクにかかるので、口臭を直接自分でチェックすることができます。

マスクの中では、口で息をはき、鼻で吸う行為を繰り返すと効率的に口臭チェックができます。

使うマスクは一般的な使い捨ての紙マスクで十分で、簡易的な作りのものが適しています。

ドラグストアやでコンビニで、簡単に安く購入できるタイプのマスクで良いでしょう。

マスクの本家、ガーゼマスクでも対応可能ですが、紙マスクの方が口臭がひどかった場合にすぐに捨てることができて便利です。

また持ち歩きや購入のしやすさなどからも、紙マスクに軍配があがります。

マスクを使った口臭チェックは、マスクの中で自分1人で口臭チェックできることがメリットです。

口臭が気になる日は、朝からマスクを着けることも良く、周囲に直接不快な思いをさせずに済みます。

朝の通勤・通学中からマスク内が臭うときは、早めのブレスケア対策をしてください。

職場や学校に着く前に、何らかの対策ができれば、周囲に気付かれることもなく理想的といえます。

ティッシュを使えば唾液の臭いまでチェックできる!口臭チェックにティッシュを使う方法

口臭チェックをするときは、身近にあるティッシュを使い、唾液や舌の状態を確かめることでもチェックできます。

使うものはティッシュペーパー1~2枚で、ティッシュを軽く折りたたみ、人差し指と中指に巻き付けるようにして持ちます。

そのまま舌を拭きとるのですが、このとき優しく撫でるように拭きとるようにしてください。

舌が傷つくようなことがないように、またティッシュがふやけて破れないように、丁寧かつ素早く拭きとります。

2~3回拭いたらそのまま鼻の近くにもっていき、臭いをチェックしてみましょう。

もしも、このときに臭う場合は、口臭が発生している状態だと判断できます。

ティッシュの臭いが強いときは、うがいや歯磨きなどの対応が必要です。

舌には口臭の原因になる雑菌が繁殖することがあります。

病気ではありませんが、口腔内の衛生状態にも影響を与えることがあり、口臭の原因になることも多いものです。

舌の上で雑菌が繁殖しているっと、口臭がきつくなる傾向があるので、早めの対処をしてください。

歯磨きはもちろん、舌を磨くことも良い方法です。

その他、マウスウォッシュの使用やうがいをすることも有効でしょう。

ビニールを使った口臭チェックも有効

口臭チェックをするときは、身近にあるビニール袋を使うことが有効な手段です。

よくスーパーのレジ付近に設置してあるような、食品用の半透明のビニール袋だと使いやすく、簡単にチェックができます。

やり方はコップの場合と同じで、ビニール袋にひと息吐きだし、それを自分で嗅いでみる流れです。

ビニール袋に充満したフレッシュな自分の息は、通常ならさほど臭くは感じませんが、顔をしかめるほど臭いときは要注意な状態です。

臭いの強さによってはビニール袋を遠ざけたくなることもあり、そんなときはすでに周囲の人にも「臭い」と思われている可能性があります。

ビニール袋のように、自分の息を充満させられるものなら、他の方法でも簡単に口臭チェックができます。

ビニール袋の場合は少々目立ちやすいですが、確実に口臭チェックができる方法なので、自宅で1人のときに行う方が良いでしょう。

あまり大きなビニール袋だと、息を充満させる方が大変になることもあるので、やはりスーパーのレジ付近にあるサイズがベストだと言えます。

口臭が気になる原因はいくつも存在する!

口臭は誰もが多少は臭うもので、その臭いが強いか、気にならないほど弱いかによって、口臭が気になる、気にならないと言われます。

これまで紹介してきたセルフ口臭チェックは、いつでも自分でできることが多く、毎朝の習慣にすることもおすすめです。

口臭が気になる原因には、いくつもの種類があります。

歯磨きが不十分なこと、前日に臭いの強い食事をしたなど、代表的なものの他にもたくさんの原因が考えられます。

歯と歯の間にプラークが残っているケースや、虫歯も臭いを発する原因なので、口腔内はいつでも健康に保つことが口臭予防の第一歩となります。

その他では、唾液が少なくなることで、口腔内の衛生状態を乱すことがあるため、唾液の状態も良好に保ちたいものです。

唾液減少の原因として、加齢、口呼吸、ストレスや緊張、薬の副作用や各種病気、水分不足などが挙げられます。

唾液は通常、口腔内を潤すことで衛生状態を保っているので、少なくなるとどうしても雑菌の繁殖を増やしてしまいます。

このことから、口臭は気にならないから臭いがないと言うことではなく、誰しもが多少なりとも臭うものだと言えます。
気にならないからといって放置しておくと、臭いは強く酷くなる一方です。

エチケットとしても、息をきれいにするための対処を毎日の習慣にしていきましょう。

関連記事

歯医者

口臭チェック!歯医者で口臭について相談する

タニタの口臭チェッカーの信頼性は?使い方と評判

口臭をチェックできるアプリがある!?口臭チェッカーってどんなもの?